中辻正鈑金属興業 三晃式折版・瓦棒屋根工事・ダクト・笠木・エキスパンション工事

tel 0742-62-0761 fax 0742-62-3646 〒630-8141 奈良市南京終町1丁目179番地

メールでのご相談はこちらから

ホーム

会社概要

屋根工事

樋工事

リフォーム工事

施工例

お問い合わせ

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

facebook

屋根工事

樋工事

リフォーム

施工例

アルミ笠木工事を行いました。

 

IMG_4913

 

IMG_4909

 

支持金物を笠木の割り付けに合せて取り付けていきます。

 

IMG_4912

 

この写真で支持金物の下に見える黒い鉄板は、板金加工した捨て笠木です。

外壁と屋上立ち上がり部分が2重になっていて、すき間が開いていたので、風雨による吹き込みや

笠木裏の結露等による雨漏り防止のため、捨て笠木を施工し、その上にアルミ製笠木を取り付けました。

 

IMG_4911

 

IMG_4910

 

アルミ笠木工事、完了です。


2015年5月16日  7:42 AM |カテゴリー: 未分類,雨漏り修理

屋根銅板一文字葺きの修理工事を行いました。

今回は屋根は和瓦葺きですが、軒先部分に銅板加工一文字葺きをされている屋根です。

一文字瓦と銅板が接する部分、特に雨水の流れおちる部分で、銅板に大きな変色見られます。

IMG_4294

 

IMG_4296

変色が進むと、銅板に穴あきが出てきます。このままではますます穴が大きくなり、

雨もりを起こす原因になります。

IMG_4293

銅板が変色し穴あきを起こす原因は、酸性雨水が和瓦上を流れ落ちるさいに酸性化した水と、銅板銅との化学反応によっておこすものです。

 

今回は一文字瓦をめくり、穴の開いている部分にコーキングをはさみながら、カラーステンレス加工板を葺いていきました。

DSCF0603

一文字瓦を一旦撤去、カラーステンレスを敷き込んでいきます。

DSCF0636

 

IMG_4712

 

IMG_4711

 

一文字瓦を復旧し、銅板一文字を清掃し、銅板の痛みがないかを確認し、工事終了です。


2015年5月10日  2:48 PM |カテゴリー: 屋根工事,雨漏り修理

IMG_4932

軒樋工事を行っています。

今回は銅板加工樋で、内面に対酸性雨対策塗料が塗られている材料で施工しています。

まずは勾配に合せて水糸を張り、それに合わせて支持金物を取り付け

IMG_4934

 

IMG_4933

 

IMG_4930

 

IMG_4931

 

他業種さんの関係で、落ち口・縦樋は後日の施工です。

銅板材料の色は日々変化していきます、どうかいい色合いに変わっていきますように。

 

 


2015年5月9日  5:00 PM |カテゴリー: 樋工事

鋼板製波板葺き屋根から、カラーGL鋼板加工波板葺き屋根への葺き替え工事

 

IMG_4848

 

IMG_4696

もともとはかや葺き屋根の上に、鋼板加工波板が葺かれていました。

その波板は何度か塗装工事を行われていたそうですが、今回は雨もりがあり、屋根の改修工事を行いました。

 

IMG_4698

 

IMG_4697

 

既存屋根の上に木下地をし、その上にカラーGL鋼板加工の波板を葺きました。

 

IMG_4844

 

IMG_4845

 

棟包み、鬼部分も新設しました。

 

IMG_4847

 

下屋根瓦葺き部分との取り合い部分の水切りも、新設しました。

 

IMG_4851

 

工事は住まれながら行いましたので、工務店さんや施主さんと相談し、

カバー工法で行わせていただきました。

 

 

 


2015年4月30日  10:18 PM |カテゴリー: 屋根工事,雨漏り修理

カラーベスト葺き屋根の改修工事を行いました。

今回は施主様の希望で、既存のカラーベストを撤去し、そのうえで軽く・耐候性の強く・

断熱性能に優れた・長持ちする材料で葺き替え工事を行いました。

 

IMG_4838

 

IMG_4835

既存屋根 カラーベストの撤去工事

IMG_4836

屋根下地材施工 片面接着ゴムアスルーフィングを使用

IMG_4841

新設 屋根葺き材を施工

今回はガルバリゥム鋼板加工で、表面の塗装膜の強いフッ素樹脂塗装材料を使用しました。

裏面は断熱材の発砲ポリエチレンが裏打ちされています。

IMG_4824

 

IMG_4826

 

IMG_4831

 

今回の工事で、屋根は軽くなりましたし、カラーベストのように数年での塗装工事も

しなくて済みます。それに今まで屋根に付いていなかった換気棟を取り付けました。

これは日常生活を送る中で発生され屋根裏にこもった蒸気や湿気を、外部に出すものです。

付けてなければ、屋根裏にこもった湿気が、屋根下地材の木材によくない影響が出てきます。

今回はその換気棟の取り付け工事もさせて頂きました。


2015年4月29日  8:23 AM |カテゴリー: 屋根工事,雨漏り修理

屋根新築工事で銅板一文字葺きを行いました。

 

IMG_4796

 

IMG_4797

 

IMG_4799

今回はいつも自社で作成している、銅板厚み0.4㎜加工の一文字を使用しました。

IMG_4798

 

庇屋根も同材料で施工しています。

IMG_4801

 

施工したばかりの間は銅板の光がありますが、これから雨がかかるたびに銅板が変色していきます。

その変色が銅板の良さで、最も大きな特徴です。

今回はどのような色になっていくのでしょうか、楽しみです。

 


2015年4月27日  9:57 PM |カテゴリー: 屋根工事

瓦葺きの屋根での、瓦谷の取り替え工事を行いました。

 

DSCF0609

 

DSCF0610

 

銅板加工の瓦谷で、瓦からの雨水が落ちる部分で等間隔に変色が起きています。

また常に水落ちる部分では丸い型に変色が進んでいます。

このままでは、変色が進み、銅板の厚みが薄くなり、穴が開いていきます。

銅板と和瓦で葺替えた屋根での雨水の関係は、何かと問題になり、銅板との間で化学反応を起こし変色や穴あきを起こしていきます。

DSCF0617

今回は既存の銅板加工瓦谷を撤去し、カラーステンレス加工の瓦谷に取り替えました。

DSCF0622

 

DSCF0624

 

今は新築工事で葺かれている瓦葺き屋根では、ほぼカラーステンレス加工の瓦谷を施工しています。

 


  9:34 PM |カテゴリー: 雨漏り修理

雨漏りの修理工事の依頼をいただき、確認に伺いました。

摩訶不思議な施工です。

IMG_4115

 

IMG_4118

 

IMG_4119

 

色々とわかない部分が多く、出直すことにしました。


2015年4月5日  9:44 AM |カテゴリー: 雨漏り修理

樋工事 塩ビ製カラーパイプを使用し縦樋工事を行いました。

IMG_4474

 

IMG_4475

今回は塩ビ製カラーパイプVP100を使用しました。

塩ビ製パイプは、熱の影響での伸縮があるので、その伸縮した場合に対応する部材の取り付けが

必要です。

 


  8:11 AM |カテゴリー: 樋工事

板金工事でのし瓦上の水切りを取り付けました。

IMG_4516

屋根は瓦葺きですが、壁との取り合い部分でのし瓦上の水切りは、板金屋の工事です。

今回はカラーGL鋼板加工の水切り材を取り付けました。

 

IMG_4517

 

IMG_4519

棟瓦部分は、厄介です。

板金屋は、瓦葺き屋根でも工事があります。

ありがたい職種です。

水切りの施工が悪ければ、雨漏りの原因になりますので、慎重に注意し工事を行っています。


2015年4月4日  5:20 PM |カテゴリー: 屋根工事

Page Top