中辻正鈑金属興業 三晃式折版・瓦棒屋根工事・ダクト・笠木・エキスパンション工事

tel 0742-62-0761 fax 0742-62-3646 〒630-8141 奈良市南京終町1丁目179番地

メールでのご相談はこちらから

ホーム

会社概要

屋根工事

樋工事

リフォーム工事

施工例

お問い合わせ

2013年4月
    5月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

facebook

屋根工事

樋工事

リフォーム

施工例

今月4月1日より当社に仲間入りした新入社員君の1ヶ月が終わりました。

まだお客さん的なところはありますが、これから暑い夏に向けて日々対応も厳しくなっていくでしょう。

大きな希望を持って厳しく若者を育てていきたいと思います。

初めての給料をもらってはにかむ顔を見て、はるか昔の自分にもあんな時があったのかなと感じました。

明日から5月、来月もけがのないように御安全に!


2013年4月30日  9:09 PM |カテゴリー: 未分類

施主さんから屋根の葺き替え工事の相談をいただき、お宅にうかがいました。

DSC_1252

屋根は和瓦ぶきでした。

施主さんの希望は、屋根の葺き替え工事でした。現状はまだそれほど古くもなく、雨漏りもしていないのになぜ屋根の葺き替えを希望されているのか分かりませんでした。

DSC_1254DSC_1253

施主さんの話を聞いてみて、築35年も経っているのでいつ屋根瓦が傷んでもおかしくない、その前に屋根を葺き替えたいとの事でした。

それと最も、屋根を軽くしたいとの希望でした。

既存瓦・土を全て撤去し、軽い金属屋根にし、屋根を軽くしたいとの希望でした。

後日カタログと見積もり書を提出させていただきます。

 


  9:02 PM |カテゴリー: 屋根工事

銅板加工樋の修理の依頼をいただき確認に行きました。

DSC_1247DSC_1249

銅板加工樋の落ち口要這鮟鱇部分のそこ板に大きな穴が開いていました。

現状は施主さんが自分で穴のあいた部分にコーキングを打たれました。

DSC_1250

要這下の筒部分にも穴が開いていました。

改修方法として

1、同じように銅板加工の要這鮟鱇と筒を作成し取り替える。

2、銅板加工の既製品集水器を使用し取り替える。

3、塩ビ製の集水器と塩ビ製の立樋を使用し取り替える。

3通りの改修方法を説明させていただきました。

今回のお客さんは3番を選ばれました。

本音は銅板を使っていただきたいとは思いますが、金額との相談もありますし、耐用年数との関係もあると思います。

施主さんには全てを説明し、選択してもらっています。

 

今日もどこの現場もけがなく終わり感謝しています。

来週も御安全に!


2013年4月27日  9:14 PM |カテゴリー: 樋工事

屋根の葺き替えと雨漏り修理の相談をいただき確認に行きました。

DSC_1239

DSC_1240

瓦屋根と鉄板葺きとの取り合い部分からの雨漏りでした。

鉄板部分の瓦下への差し込み不足と、取り合い部分の水切りの不具合が原因だと思いました。

鉄板部分を全て撤去し、新たに金属の屋根を葺きます。軒先2段分の瓦を一旦めくり、取り合い部分の水切りを取り付けます。

DSC_1244DSC_1242

こちらの部分も改修してとの依頼でしたので、同じように鉄板部分を全て撤去し、新たに金属屋根を葺き替えさせていただきます。

現状では鉄板屋根の下地にアスファルトルーフィングも葺かれていないので、葺き替える場合はゴムアスルーフィングを屋根下地に使用します。

 

 


  9:03 PM |カテゴリー: 屋根工事

先日から工事を行っているカラーベスト屋根からの改修工事現場です。

既存屋根の上に片面接着タイプのゴムアスルーフィングを貼り、その上にペフを敷き込み、カラーGL鋼板加工瓦棒葺きを行っています。

DSCF0030DSCF0031

屋根工事は順調に進んでいます。

DSCF0034DSCF0033

仮葺きは終了しました。

今日は本締め作業、キャップ取り付け作業を行っていました。

 

今日も他のどこの現場もけがなく終わり感謝します。

明日も御安全に!


2013年4月26日  9:45 PM |カテゴリー: 屋根工事

以前に雨漏りの修理工事をさせていただいた施設からの相談でした。

DSCF0028DSCF0029

以前はスラブ天井からの雨漏り修理でした。以前は漏れている部分に受け枡を取り付け排水管で排水しました。

今回はまた違った部分からの雨漏りで、今回は天井内全体に屋根を施工できないかとの話でした。

DSCF0026DSCF0024

DSCF0023

天井内はスペースもありませんし、現状の天井を吊っているボルトも多くあり、また照明機・クーラーなど問題山積です。どのようにすれば現状の天井内に屋根を張れるか考えています。

非常に難しい相談です。

 


  9:37 PM |カテゴリー: 雨漏り修理

木造住宅の改修工事です。

当方は板金工事・樋工事御させていただきます。

雨漏り修理工事もあり今日確認に行きました。

DSC_0897

外壁波板張りと瓦屋根のし瓦部分との取り合い部分での雨漏りです。

DSC_0900

確認してみれば、のし瓦上に水切りはなく、外壁波板も瓦まで張られていない状態でした。

銅板加工樋にも穴が開いていて、その部分からも雨水が漏れだし、のし瓦部分から雨水が漏れている状態でした。

今回は瓦も一部めくり、捨て水切りを入り、のし瓦上の水切りも取り付けます。

DSC_0906

今回は波板の張り替え、樋の取り替え工事もさせていただきます。

 

今日もどこの現場もけがなく終わり感謝します。

明日も御安全に!


2013年4月25日  10:47 PM |カテゴリー: 未分類

先日から工事を行っていました、生駒市の増築工事が終わりました。

DSC_1250

屋根は耐マガルバリゥム鋼板加工立ハゼ葺きを施工しました。

DSC_1251DSC_1249

外壁はKMEWさんの窯業系サイディングを貼りました。

いい感じに仕上がりました。


  10:33 PM |カテゴリー: 屋根工事

屋根雨漏り修理工事の相談をいただき確認に行きました。

DSC_1171 DSC_1170

もともとはカラー鉄板瓦棒葺きの屋根でした、その上にシート防水を施工された屋根です。

いたるところでシートが切れて、水がシート内に入っている状態です。その中で水が鉄板を錆させています。悪い方向へ進んでいる状態です。一度シート内に入った雨水が抜けることなく、鉄板を錆さし、雨漏りをおこしています。

DSC_1174

軒先部分も水を吸い上げて、鉄板は錆びてくちていっています。

DSC_1177 DSC_1180

いろんなところでシートが切れています。

改修方法を説明させていただきました。

 


2013年4月23日  9:51 PM |カテゴリー: 雨漏り修理

既存銅版加工樋に穴が開いているとの事で取り替え工事を行っています。

軒樋・落ち口部分に大きな穴が開いていました、今回は支持金物を含め全てをとりかえます。

DSC_1225

大屋根部分は取り替えがすすんでいます。下屋根部分はこれから取り替えを行います。

DSC_1224

支持金物は銅角材加工2段じあげ金物を別注加工しました。

DSC_1233

DSC_1231

工事は順調よく進んでいます。

お客さんが喜んで下さっている事が何よりです。

 

今日もどこの現場もけがなく終わり感謝します。

明日も御安全に!

 


  9:39 PM |カテゴリー: 樋工事

Page Top